読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛のため今日まで(略)MV 感想 〜アンジュルムは最高〜

今日、「愛のため今日まで進化してきた人間、愛のため全て退化してきた人間」のMV(promotion edit)が公開されました。

この曲なかなか攻めてますよね〜。 これまた今までのアンジュルムではなかったような新しい 曲ですよ。今まで散々 多彩なジャンルの曲を出してきたわけだけど その隙を突くような 曲になってます。

曲評

この曲は 人造人間、ロボットがテーマとされててて曲調は スチームパンク的なEDMが 基調になってます。 曲の前半は ボーカルにエフェクトがかかっていてロボットのような無機質な声で歌われており、サビでは エフェクトがかかってなく そのままの声で 歌われていて、 Aメロとサビで ロボットと人間を 上手く対比するような構成になってます。


この曲を初めて聴いた時、ビビッときましたね。 初めのイントロの音なんて アイドル の曲では 絶対 耳にしないやつでしょ。クラブでガンガン流れてるような 音ですよ、あれは。
でも初めのとこあれだけ EDM EDMしてるのに サビ前になると 急に アイドルらしさが出てきて 曲全体で見ると 上手く 中和できてるんですよね〜。サビの曲調もなかなかキャッチーで 普通に良いです。
そして 2番のサビの後の コーラスでエフェクトボイス入れてくるところ、 そしてその後の ソロ歌 、この2つのシーン が曲の完成度を更に高めているんですよ! かみこの あのソロシーン、 初めて聴いた時  歌声が脳天に突き刺さってくるような衝撃でした。あの透き通るようなハイトーンな声。 あそこは かなり求心力ありますね〜

この曲 合いの手が入れづらい上に曲調が曲調のため、LIVEでは盛り上がる曲 というよりは 次々続々のように 魅せて観客を圧倒させる曲になるでしょうね。


MV評

点数でいったら 90/100点。 ちなみに 次々続々 は 自分の中では 50/100点で赤点落第レベルです。

まず 良かったところといえば ソロリップシーンが多かったところですね。 前回の次々続々MVでは 曲に合いもしないのに バンバン ソロリップシーン を入れてやがったのですが、今回は ソロリップシーンが多いほうが 曲調に合ってたため これがプラスに働いてます。(意図的にやってるかはおいといて) 
それと オシャレな衣装も良かったです。そこはかとなく哀愁が漂っていて なおかつ 曲調にも ぴったり合ってます。 前から 思ってるんですけどほんとアンジュルム って オシャレな衣装 多いですよね〜。 次々続々の衣装なんかも あれかなり の出来ですよ。 他のハロプロのグループの衣装担当も見習って欲しい限りです笑

そして 全員にちゃんと魅せ場があるのも なかなか良いですね。アンジュルムは 他のハロプログループとは違い、全員それなりに歌えるので毎場面、毎曲 ごとにセンターが変わっていく、Kpopでよく見られるスタイルに似てます。今回の曲は 今までの曲以上に 全員に、そして 加入して 2ヶ月のかっさーにもスポットが当たっていて (それもセンター) あっぱれです。


そして表情職人のむろたん、今回も 良い顔してくれちゃってます。
f:id:angerme2843:20160927033045j:image
f:id:angerme2843:20160927033049j:image
f:id:angerme2843:20160927033046j:image

やっぱりむろたんは神です(思考停止)

ダンス評

んー、正直言うと 良い出来とは言えないレベル。まずサビの振り付けが酷い。
ただ 手を横に出したり 頭横に振ったりするだけの 細かくて単調な 振り付けばかり。
それに  サビの 2列に分かれてから前後交代してのフォーメンションダンス。これ一体何回やるんだよ。乙女の逆襲でもやったし、次々続々でもやってたやん。さすがに同じ振りの使い回しはさすがに飽きちゃうよ。
Aメロ、Bメロも なんかフォーメションっぽいこと やってるけど 特に 目に止まるような 見栄えのある 振り付けはない。
唯一、2番のサビ後の りかこセンターのシーン だけは まあ それなりに 見栄え良くなるかなあ って感じかな。 


まあ この曲は 振り付けはショボくても LIVEでは絶対に 映えるから 振り付けはあまり気にしないスタンスで 見るほうが良さげ。


総評

振り付けは酷いものの全体として見ると完成度は高くサビがキャッチーな曲調のためアンジュルムを代表する 曲の一つになると 思います。大器晩成、次々続々、七転び八起きの次点にくるLIVE定番曲ぐらいにはなりそうですね。特にサビなんかは アンジュルムがテレビ出る時とかの 挿入歌として 使われそうな感じ。

大器晩成、七転び八起き、次々続々、そして今回の 愛のため(略)と来ましたが、この調子ならアンジュルムの進撃はまだまだ続きそうなので なによりですね。